読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風流三昧

我が道をゆく

すずろなる旅Ⅱ①-「出雲」へ

2017年最初の記事ですね。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回は昨年末にいった出雲について書きます。本当は、11月に行った福井(友人の就職祝いで行ってきました。記事にする予定はありません。)で2016年の旅行は終わりのはずでした。

そんな僕を動かしたもの

 

  • まず、僕の誕生日が10月でよく「神無月」と表現されます。しかし、出雲大社では「神在月」と呼ぶことに興味をもったことが一つ。全国の神様が10月に出雲大社に集まります。

- 神在月|出雲観光ガイド【出雲観光協会公式ホームページ】

  • 2016年の冬季分で青春18きっぷ「常備券」の発売が終了、その記念で購入した18きっぷを使って、遠くへ行きたくなったことが二つ目。

    f:id:ponkichi_4190:20170208155614j:plain

みどりの窓口のない一部の駅においては常備券(表面が赤色のきっぷ)による発売を行ってまいりましたが、冬季(平成28年12月1日~31日)の発売をもってこの取扱いを終了させていただきます(平成29年春以降の青春18きっぷの発売については現時点未定ですが、発売となる場合でも常備券の発売はございません)。なお、12月2日をもちまして、当社で発売していた常備券は完売し、発売を終了しております。

- 青春18きっぷ│トクトクきっぷ:JRおでかけネット

  • 長期休暇(5日)を得られたこと。本来は2日休みの予定で旅行をするつもりはなかったのですが、いろいろあって長期の休みになりました。

行くしかないやろ・・・。決めてすぐにプランを練り上げ、最寄りを始発で出発しました。

1日目(2016.12.22)

大阪から出雲大社のJR最寄り 出雲市駅 までは、

大阪(JR神戸線山陽線)→ 姫路(山陽線)→ 岡山(伯備線)→ 新見(伯備線・山陰線)→ 米子(山陰線)→ 出雲市

と 陰陽連絡路線の伯備線を完乗し中国地方を縦断する片道11時間の旅です。

岡山まではすずろなる旅の時と全く同じダイヤで行ったので省略。

shoichis-blog.hateblo.jp

岡山 9:29着 

f:id:ponkichi_4190:20170325141520j:plain

ほぼ1年ぶりの岡山。前来た時とラインカラーが違っていてびっくりしました。(オレンジはよく使う阪和線と同じです)

f:id:ponkichi_4190:20160430182202j:plain

3月に撮影した岡山駅駅名標。青→オレンジになっています。

www.westjr.co.jp

去年の1月にJRから報告がありましたね。

岡山 10:14発

伯備線に乗車、新見へ向かいます。

f:id:ponkichi_4190:20170325141611j:plain

11:49、新見駅に着きました。岡山駅からは普通電車では新見駅までしか行けません。また、伯備線は特急やくも号優先のダイヤが組まれているので、ここから先は普通電車が極端に少なくなります。18きっぷ縛りではきついので、ここで米子までワープをします。

f:id:ponkichi_4190:20170325141717j:plain

しかし、この日は山陰本線が強風でダイヤが乱れており、乗るつもりだった特急やくも9号が30分ほど遅延していました。その間、地元のおばちゃんとしゃべったり駅構内を見回ったりしていました。

12:40ごろ・新見発

33分遅れで特急やくも9号が新見駅に入線。ここから米子駅へ向かいます。

f:id:ponkichi_4190:20170325141819j:plain

特急やくも号では、車掌による観光案内が行われます。例えば新郷駅上石見駅間(この間に岡山県鳥取県の県境があります)のトンネルの中で迎える分水嶺の紹介や、大山が見えると、大山の紹介など、あっちこっちに首を動かしていたので痛かったです(笑)

座席をとるとしたら絶対にD席がおすすめです。井倉峡や大山、宍道湖・中海はすべてD席側に見えます。僕は間違えて自由席でしたがA席をとってしまいました。

f:id:ponkichi_4190:20170325141851j:plain

途中の車窓。江尾~伯耆溝口間。おにっこランドが見えます。

米子までゆったりと過ごすことが出来ました。

14:00 米子着

新見をでておよそ1時間20分。ようやく米子につきました。腹が減っていたのですぐに蕎麦屋に飛び込みました。

蕎麦屋から岡山へ向かう特急やくも20号が見えました。

鬼太郎列車。今回は乗れませんでしたがまた機会があれば乗りたいですね。

14:48 米子発 

腹を満たし、すこし体を動かしたところで目的地の出雲市へ向かいます。ここから先は快速アクアライナー:益田行で。快速とは名ばかりで出雲市までは各駅に停車します。

また今回は人生初の気動車。ブルンブルブル・・・。加速する際のエンジン音がとても新鮮でした。

この質感の座席は生まれて初めてでした。

中海!と言いたいところでしたがこの日の島根は大雨。晴れていたらいい景色だっただろうになあと少し残念な気持ちになりました。

どんどん出雲市に近づいてきました。

宍道湖です。雨でガラスが濡れてうまく撮れませんでした。

宍道湖を眺めているうちに眠りへ落ちてしまいました。1つ前の直江駅で目が覚めました。

16:01 出雲市着 

家を出ておよそ11時間、ようやく出雲市に到着です。いやあほんとに長かった。

到着時刻などをいろいろ計算して2日目に出雲大社に行こう と考えていて正解でした。

ピカピカの自動改札機。

2016年11月5日より山陰線の出雲市駅松江駅米子駅に自動改札が導入、同年12月17日からICOCAが使えるようになりました。

www.westjr.co.jp

今回の目的の一つである寝台特急サンライズ出雲号。

大阪駅に上り列車が停車するため、大阪駅でも見ることができますが、ほかの路線の終電が終わってから入線してくるため見るチャンスがありませんでした。

かっこいいですね。これに乗れば翌朝東京に着けるってすごいですね。心の隅で少しぴくっとしました。

やっぱり途中特急に乗ったとはいえ長時間の乗車は疲れます・・・。降り立ち無言でホテルへチェックイン。夕食と風呂を済ませすぐに横になりました。

2日目(2016.12.23)

7:00に目が覚め、朝食を済ませホテルをチェックアウト。電鉄出雲市駅へ向かいます。

出雲市駅北口です。出雲大社にちなんでいます。

前日からの強風で、駅入り口の窓が割れていました。ほんとにすごい風が吹いていました。

北口から左へ少し進むと、一畑電車電鉄出雲市駅に着きます。

途中の川跡駅で乗り換えです。

僕がイメージしていた一畑電車と違って、種別に特急があることに驚きました。

川跡駅出雲大社前行の急行に乗り換えました。

到着です。

駅構内。とても暖かかったです。ストーブ完備、お土産屋もある。至れり尽くせりでした。

駅舎。当日は天皇誕生日だったため、日本国旗が掲げられていました。

駅を出てすぐの通りの名前が「神門通り」この通りをまっすぐに上っていくと出雲大社に着きます。

出雲大社前からとった写真。ここであの白い鳥居は何だろうと思い引き返しました。

よく見てみると、「神門通りの大鳥居」だと分かりました。鉄筋コンクリート造りのようです。出雲大社はここから参拝が始まります。

出雲大社入口です。その隣に見えるのは「勢溜の正面鳥居」木製です。

松並木参道の鳥居です。これは鉄でできています。

ピントがずれましたが松並木の隣に出雲大社のウサギたち=因幡の白兎がいました。

拝殿前の鳥居です。これは銅でできています。

出雲大社では「二礼四拍手一礼」で拝礼します。

しめ縄です。写真で見る大きさの10倍は大きく感じました。

八足門です。この向こうに御本殿があります。

神牛です。「学力向上」のご利益があるので、いろんな意味を込めて撫でてきました。

おみくじを引いたり散策して出雲大社を後にしました。このスタバは出雲大社の向かい側にある景観に配慮したスタバです。とてもおしゃれでした。

出雲はぜんざいの発祥といわれています。ぜんざいはもちろん外せませんでした・・・。

retty.me

続いて訪れたのは大社線(1990年廃止)の大社駅。国の重要文化財に指定されています。

営業していた当時のまま保存されています。昔に迷い込んだのかなと思いました。

線路に降りることができます。普段は線路上で寝そべることなどできないので寝そべっていました。笑

いやあ、こういうのもいいなあ・・・。ここで出雲は終了。お土産を買って出雲をあとにしました。

出雲市駅に戻ってきました。ちょうど特急やくも24号が止まっていました。

とはいってもやくもには乗りません。笑

15:46 出雲市

 

宍道湖リベンジ。結果はマズマズでした。

普段大阪ではこのようなシートに座ることはないのでずっと「おお?おおお!」って思っていました。

映画「秒速5センチメートル」を思い出しました。

松江駅に到着です。なぜ松江駅に、次はどこへ行くのか。それはお楽しみに。

続く