風流三昧

我が道をゆく

スマートEXの利点と欠点

こんにちは、Shoichiです。おとといから東海道・山陽新幹線で「スマートEX」サービスが始まりました。

一見すると、新幹線にICカードで少し安く乗れる…、やスマホやパソコンで座席指定をしてみどりの窓口や券売機に並ばなくても新幹線のきっぷを買えるなど結構便利な点が出てきますが、このサービスには実は大きな欠点があります。今回は利点欠点両方解説し、どうすれば費用を安く、快適に新幹線に乗れるかを考えていきます。

スマートEXサービスのHPはこちら↓

smart-ex.jp

スマートEXってなに?

2017年9月30日に始まった、東海道・山陽新幹線(東京~新大阪~博多)でスマホからネット予約ができて、スマートEXに登録しておいたクレジットカードで決済、乗る際に交通系ICカードを改札機にタッチするだけで新幹線に乗れる、年会費が無料のサービスです。

お盆や年末年始など、窓口や券売機が混雑する繁忙期などにこのネット予約&チケットレスサービスが本領を発揮します。実際僕はエクスプレス予約の会員でよくネット予約とチケットレスサービスを利用しますが、窓口が混みすぎて狙っていた新幹線に乗り遅れることもないですし本当に便利です。

スマートEXの利点と欠点

利点

ネット予約&交通系ICカードでスムーズに

スマートEXは専用のサイトか、アプリでネット予約できます。予約後は登録していた交通系ICカードで乗車することができます。 

EXアプリ

EXアプリ

  • Central Japan Railway Company
  • 旅行
  • 無料

また、乗る新幹線を選び座席の種類・座席位置まですべて指定できます。

f:id:ponkichi_4190:20171001172122p:plain

f:id:ponkichi_4190:20171001172151p:plain

f:id:ponkichi_4190:20171001172224p:plain

(写真はEX予約で購入時のものですが、スマートEXでも同じように購入手続きをとることができます)

何度でも手数料無料で乗る新幹線を変更できる。

列車発車前でなおかつ、ICカード/きっぷで入場前なら手数料無料で何回でも変更できます。

通常のきっぷですと乗車変更は1度までで、それ以降変更する場合は払い戻して(手数料あり)から改めてきっぷを買わなければいけません。

f:id:ponkichi_4190:20171001174206j:plain

右下に「乗変」の文字が。これが乗車変更した証になる。

例えば、東京駅に車で向かっていたけど、もともと乗る予定だった新幹線には間に合わなくなった。スマホを使って車の中で後の新幹線に乗車変更、といったことが可能になります。

割引を受けられる

スマートEXサービスを利用するだけで割引を受けられます。

例:東京・品川から主要駅までの運賃(のぞみ利用:通常期)

例えば車で東京駅まで移動していたけど、渋滞にはまり乗るはずだった新幹線の発車時刻にはどうやら間に合いそうにない場合などで、スマホを使ってあとの新幹線に乗車変更といったことができます。
  普通車指定席 グリーン車
東京・品川~名古屋 ¥10,890 ¥14,480
東京・品川~新大阪 ¥14,250 ¥19,030
東京・品川~岡山 ¥17,140 ¥23,100
東京・品川~広島 ¥18,880 ¥26,010
東京・品川~博多 ¥22,750 ¥29,980

のぞみ・みずほの指定席を通常期で利用すれば、200円安くなります。

閑散期の場合は通常期からさらに200円安く、繁忙期は通常期に200円加算した額になります。

 

この他にも普通車自由席の設定もあります。こちらは割引がありません。

僕個人的には、少し高くなりますが確実に座れる指定席の方がおすすめです。

また片道600㌔以上の区間では、さらに往復割引の商品もあります。行きと帰り別々で買うよりも安価に乗ることができます。

smart-ex.jp

また、3日前や21日前までに申し込むとさらに安くなる「早特」系の商品もあります。旅行や結婚式など、前もって新幹線に乗ることが決まっている場合はこちらがおすすめです。

smart-ex.jp

欠点

クレジットカードが必要

自分名義のクレジットカードが必要です。すなわち高校生以下の人は申し込むことができません。デビットカードでと思うかもしれませんが、カード会社によっては弾かれる可能性がとても高いため、デビットカードでは申し込めない場合があります。

普通に買うより高くなる場合がある

これが最大の欠点です。最寄りが新幹線の駅で、降りる駅も新幹線の駅なら普通に買うより安く乗れますが、そうではない場合、普通に買うより高くなる場合があります。

なぜなら、スマートEXは新幹線区間の乗車券・特急券が一体になった商品だからです。割引を受けられるのは新幹線の区間のみです。

例えば、大阪の杉本町から東京の新宿まで行くとしましょう。

通常のきっぷの場合:¥14,450

f:id:ponkichi_4190:20171002101601p:image

スマートEXの場合(在来線はIC利用):¥14,834

f:id:ponkichi_4190:20171002101638p:image

と430円ほどスマートEXの方が高くなります。これは『特定都区市内』制度がスマートEXでは使えないのが理由です。

通常のきっぷなら杉本町は大阪市内、新宿は東京都区内に入るため、特定都区市内制度が適用され『大阪市内→東京都区内』の1枚の乗車券で乗れますが、

スマートEXの場合、前述した通り新幹線区間のみ乗車券と特急券が一体になっているため、別に在来線のきっぷを購入する必要があり、このことから

杉本町→新大阪(在来線)

新大阪⇒東京(スマートEX)

東京→新宿(在来線)

と乗車券を3つに分けないといけなくなるため、値段が高くなるのです。

その他にも学割や株主割引などの各種割引は使えません。学生は普通に乗った方が得になることが多いです。

また、在来線特急から新幹線に乗り換えるときに使える『乗継割引』も使えないので、新幹線の駅までで特急に乗る場合はほぼ100%高くなるので注意が必要です。

スマートEXと通常のきっぷの値段比較は以下のページで出来ます。

スマートEX運賃ナビ | 商品一覧 | スマートEX

最後に

僕個人的には、窓口や券売機でいちいちきっぷを購入する必要のないスマートEXはとても魅力的です。

公式HPを見ても利点しか強調されていない(当たり前ですが)ため、欠点が分かりにくいです。そのため、きちんと自らの手で運賃を調べ検討することが大切です。

 

新幹線を安く、快適に利用するには

①スマートEXと通常のきっぷの値段を比べてどちらが安いかをみる。

安易に飛びつくと思っていた金額よりも高くつきます。

②安いほうを選択、予定が決まれば早めにきっぷを購入する。

新幹線でオススメの席は6号車1番後ろのE席がオススメです。後ろを気にせずリクライニング出来ますし、人の出入りも他の場所に比べると少ないためです。

③当日は余裕を持って出発する

新幹線駅があるところ大概大都市で、当日電車が遅れる可能性が結構高いです。乗り遅れたら後続の自由席に乗れますが、座れない場合があり快適に利用出来ません。そのため新幹線駅に45分〜1時間前に着いておくプランを立てておくといざという時役に立ちます。(これでも回収出来ない遅延はJRがなんらかの救済策を用意してくれます)

 

今後東京オリンピックなどで多数の外国人観光客が日本に来て大都市間の移動を新幹線でするはずです。JRもスマートEXのサービス自体をこれからももっと発展させていくはずなので楽しみです。

 

今回の記事は以上です。快適な新幹線旅行の参考になれば幸いです。

ありがとうございました。