風流三昧

我が道をゆく

昇華の旅 2日目/最終日


スポンサードリンク

この記事は2日目・最終日の記事です。1日目から見るのが、おすすめです。

 

shoichis-blog.hateblo.jp

それでは2日目!

2日目

1日目は小倉にて宿泊。

f:id:ponkichi_4190:20180427140520j:plain

9時前の小倉駅です。

 

f:id:ponkichi_4190:20180427140509j:plain

小倉 8:40発

f:id:ponkichi_4190:20180427140456j:plain

こだま861号はN700系で8両編成。N700系7000・8000番台が入ります。

普通車指定席が自由席になっている…そんな乗り得なこだま号でした。この旅で乗る列車において座席が普通車なのはこのこだま号で終わりです。徐々に座席のグレードアップを図ります。

博多 8:57着

f:id:ponkichi_4190:20180427140444j:plain

人生初の博多です。さすがは九州一のターミナル駅。ひとつ違和感として、博多駅内に阪急百貨店が入っていたこと。なんか大阪に一瞬戻った?そんな気分になりました。

博多 9:44発(13分遅れ)

f:id:ponkichi_4190:20180427140432j:plain

今回「昇華の旅」の最終目的地の佐世保へと向かいます。友達に「鹿児島線長崎線佐世保線」をすべて18きっぷで行けばええやんけ、なんて言われましたが今回そんなことはしません。今回は18きっぷの使用を禁じ、できるだけ速達性・快適性に優れているものに乗っていきたい…というのを掲げていたからです。

特急ソニック号の接続待ちのため博多駅を13分遅れて発車。

f:id:ponkichi_4190:20180427140832j:plain

もちろん、座席のグレードアップ…ということで特急みどり号はグリーン車を用意しました。途中佐賀までは僕以外に乗客がいましたが佐賀以遠では貸し切り状態でした。

f:id:ponkichi_4190:20180427140821j:plain

この写真からは見にくいと思いますが、みどり号は途中早岐駅スイッチバックをして佐世保へと向かいます。人生初のスイッチバックにテンションがぶちあがります!

佐世保 11:30着(5分遅れ)

f:id:ponkichi_4190:20180427140759j:plain

5分遅れにまで短縮され、無事佐世保に到着です。

よく「西の松島」と形容される九十九島へと向かいます。

クルージングができる「九十九島パールシーリゾート」はおすすめですよ。

www.pearlsea.jp

佐世保駅からバスで15分、到着です。早速クルージングするべく乗船券を購入。

f:id:ponkichi_4190:20180430101445j:plain

今回乗るパールクイーン号です。

f:id:ponkichi_4190:20180430101457j:plain

九十九島は日本一島の密度が高く、まるで赤道に近い島嶼国に迷ったみたいです。笑(ここは日本です)

f:id:ponkichi_4190:20180430101504j:plain

f:id:ponkichi_4190:20180430102300j:plain

九十九島はカキ・アコヤガイ・マダイ - Pagrus major の養殖が盛んであるためどのような形態で行われているのか、気になったので船から見ていました。現在カキの養殖では国内10位、マダイでは5位に位置している長崎県。どのような経路を通して消費者のもとへ届くのか、長崎県産の強みとは、今後の課題とは、ますます疑問が出てくるクルージングでした。

f:id:ponkichi_4190:20180430103155j:plain

カメラの設定が変わっていて写真がいい感じにとれなかったのが残念であります。

50分のクルージングを楽しみ、隣接する水族館で最近水産業界で話題の タマカイ - Epinephelus lanceolatusカブトガニTachypleus tridentatus をみて楽しみました。

そうこうしている間に佐世保を去らねばならない時間になりました。

佐世保 17:43発 → 博多 19:35着

f:id:ponkichi_4190:20180430103932j:plain

帰りのみどり号(当然グリーン車)で、この旅行で乗る在来線は終わりなんだな…となんだか徐々に終わりが近づいていることを感じてきてグッとくるものがありました。

2日目は博多で1泊します。次の日から平常通りの生活になるため、夜遅くの帰宅は次の日に響くな…と考えたため、次の日の始発の新幹線でエクストリーム帰阪します。

最終日

f:id:ponkichi_4190:20180430104953j:plain

早朝の博多駅です。

博多 6:10発

f:id:ponkichi_4190:20180430105146j:plain

f:id:ponkichi_4190:20180430105111j:plain

のぞみ2号で一気に大阪へ帰ります。

f:id:ponkichi_4190:20180430105316j:plain

さようなら、博多。ありがとね。

f:id:ponkichi_4190:20180430105349j:plain

帰りののぞみ号も当然、グリーン車。2時間を超える乗車の際は必ずグリーン車を利用しています。

よくグリーン車は金持ちだから乗る…と言われますが、僕は「グリーン車は普通車にはない空間・ゆとりがある。それが5000円というお金で買えるのなら買うしかないよね」という考えを持っています。

f:id:ponkichi_4190:20180430105638j:plain

本州初の停車駅、徳山です。動物園が有名ですね。

f:id:ponkichi_4190:20180430105653j:plain

徳山を出ると次は広島。ここで山陽新幹線を快適に楽しく利用するためのワザをひとつ。

山陽新幹線では、ネットなら6日前(電話なら5日前)まで主要駅(新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多)の駅弁を予約できて、自分の座席までパーサーさんが持ってきてくれる超絶便利なサービスがあります。

www.jwfsn.com

例えば、博多から大阪へのぞみ号で向かっている。夫婦あなご飯弁当が食べたいけど広島で降りて買う時間がない…(今回の僕の事例です)といったことでも予約サービスを利用することで買って食べられるのですごく便利なサービスだな、と実感しました。

f:id:ponkichi_4190:20180430105708j:plain

お弁当を食べおわり福山城を過ぎたと思ったらすぐに次の停車駅、岡山。さすがはのぞみ号、速いなあ。

現実に目を向けたくないなあとTwitterでつぶやくと友達に「現実見て」と。徐々に非日常から日常に戻りつつあるんだなあとぼんやり感じていました。

f:id:ponkichi_4190:20180430105722j:plain

岡山~新神戸間は山陽新幹線が一番飛ばすところです。最高速度は300㌔/時!そりゃもう新神戸なわけだ。

新大阪まであと12分。ちょうど車内販売が回ってきたのでホットコーヒーのラージサイズを頼んで飲みながら下車準備をします。

f:id:ponkichi_4190:20180430105738j:plain

いい日旅立ち、西へ」のメロディーが流れ、「まもなく、新大阪です」のアナウンスが。聞きなれていますがやっぱり帰ってきたなあと今でも強く実感させられます。

新大阪 8:38着

f:id:ponkichi_4190:20180430105740j:plain

駅について乗換改札を出て在来線ホームに入ると友達が待っていてびっくりしました。その後環状線が遅延していて乗るはずの電車に乗れませんでしたが、かなり余裕を持たせておいたおかげで間に合いました。

いやあ、「低次な要求に対する欲求」を「高次な要求に対する欲求」に置き換えられて本当に楽しい旅行になりました。過去は過去、未来は未来。もう前を向いて生きるしかありませんね。

終わり!