風流三昧

我が道をゆく

東海道・山陽新幹線に安く乗れる方法を考える

 

新幹線のきっぷについて


乗車券と新幹線特急券の足した金額→新幹線に乗るのに必要なお金

なので、乗車券を安くするか特急券を安くするか、はたまたその両方を安くするかいろいろな買い方があります。それを見ながら最適解を見つけるのがよいです。

 

 一例として最も利用者が多いであろう東京ー新大阪で見てみましょう

東京ー新大阪の場合(のぞみ号 普通車指定席利用)

正規運賃:14,450円

スマートEX:14,250円

新幹線回数券:14,150円

 

エクスプレス予約:13,370円

学割運賃:12,700円

株主優待:11,560円

このようにすごく価格にばらつきが生じます。なので、自分が乗りたいきっぷの区間、自分の身分などを考慮して決めていく必要があります。


新幹線のきっぷの種類


正規運賃

みどりの窓口で「新幹線で○○まで」といえば発券されるきっぷ
一番高いがもっとも簡単で確実なきっぷ


新幹線回数券

金券ショップでバラ売りされている

<メリット>

正規運賃で買うより少し安い

<デメリット>
有効期限があるためしっかり見る必要がある
座席指定されていないので、みどりの券売機か窓口で座席指定し乗る必要がある


学生割引

<メリット>

学校学生生徒旅客運賃割引証による割引
学生の特権。101㌔以上移動する際、乗車券のみ2割引になる

<デメリット>
事前に学校で「学校学生生徒旅客運賃割引証」の申請・発行が必要
新幹線特急券は割引されない
みどりの窓口で学割証を提示して購入

f:id:ponkichi_4190:20171001174206j:plain

学割適用の乗車券

往復割引

<メリット>

片道601㌔以上の区間でなおかつ乗車券を往復同時に買うことで適用される割引
乗車券のみ1割引
学生割引と併用可

長距離移動には最強

f:id:ponkichi_4190:20180401143943j:plain

学生割引と往復割引の同時適用

<デメリット>
新幹線特急券は割引されない
わざと往復割引を適用させるには、自分でギリギリ601㌔を超える経路を作る必要があるため知識がないと結構厳しい


株主割引

回数券と同じく金券ショップでばら売りされている

<メリット>

現状割引率は最強(西日本:5割引、東海:1割引(2枚併用で2割引)、東日本:2割引(2枚併用で最高4割引))

<デメリット>
一般的に株主優待券は高いので、「正規運賃」と「株主優待券の購入金額と割引後の運賃の和」の比較をしてから買う必要がある。(一概に安くなるとは限らない)

例として、JR東海株主優待券が1枚1000円で売られている。

1枚購入して株主割引を適用させた。東京ー新大阪間での比較を行う。

正規運賃:14,450円

株主割引:13,000円+優待券購入費1,000円=14,000円

と株主割引の方が450円安く買えることが分かる。

といったような計算が必要になります。


東海道・山陽新幹線で会社をまたぐ区間を乗る際は使えない(JR東海株主優待券は東海道新幹線区間:東京~新大阪の間のみ、JR西日本株主優待券は山陽新幹線区間:新大阪~博多の間のみ)


スマートEX

昨年9月に始まった、年会費無料で東海道・山陽新幹線に乗車できるサービス

<メリット>

みどりの窓口に行かなくてもスマホで予約できて、手持ちの交通系ICカードチケットレス乗車

早特制度など割引きっぷや特典が充実

<デメリット>
しかし、新幹線区間のみの販売であるため、別に在来線のきっぷが必要
通常期から200円安く乗れるが、割引率が小さい

また、在来線特急→新幹線、新幹線→在来線特急の乗換の際に使える乗継割引が使えない。 

shoichis-blog.hateblo.jp

 

スマートEXの運賃ナビです。これをみて活用するとよいでしょう。

http://unchin-navi.jp/

エクスプレス予約

スマートEXの上位互換かなと個人的に思っています。

<メリット>

スマホで予約できるので、混雑するみどりの窓口に並ばなくてもOK。

年会費が1000円(税抜)が必要だが、東京ー新大阪の片道分で年会費分の割引がある。
新幹線特急券の割引きっぷ(e特急券)の設定がある(特急券の割引は現状これだけ)
これは前述した学生割引や往復割引と併用可
年中価格が変わらないので安定している
早得制度など割引きっぷや特典が充実
グリーンポイント制度があり、東京⇔新大阪を6往復し、1,000pt貯めることでのぞみ号のグリーン車に普通車の料金で乗ることができる。

f:id:ponkichi_4190:20180620165446j:plain

グリーン特典のe特急券。グリーン料金が0円である。

<デメリット>
専用のICカード(EX-ICカード)が必要なため、ICカード入れがパンパンになる

前述したように、年会費が1000円税抜きかかる。専用のクレジットカードの作成が必要。

在来線特急→新幹線、新幹線→在来線特急の乗換で使える乗継割引が使えない

エクスプレス予約の運賃ナビです。これをみて活用するとよいです。

http://ex-ic.jp/navi/member/index.html

 

おすすめは?

年1回必ず新大阪と東京を往復する方にはエクスプレス予約が絶対的だと思っています。今までみどりの窓口や券売機で並んできっぷを買っていましたが、スマホで予約してEX-ICカードで入場、降りたらまたEX-ICカードをかざして出場という流れが染みつくともう戻れなくなります。

年1回乗るかわからないけど、窓口には並びたくない!っていう人にはスマートEXサービスが向いています。

両方ともにデメリットがあるので、そこをよく見て決めてくださいね!

それでは~~。